KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.23

CADを使った仕事とは?設計士とCADオペレーターの違いについて

専門職で職人的な要素が強かった設計士に代わり、設計未経験者や初心者でもCADの操作ができれば製図が行えるCADの普及によって、設計業務は大変革したと言えます。これによって求人要項にも変化が表れ、設計士に代わって派遣社員が製図を行うのが珍しくなくなりました。

一見同じ業務に見える設計士とCADオペレーターですが、業務内容は異なります。給与形態も、設計士は年収ベースの正社員が多いのに対して、CADオペレーターは時給ベースの派遣社員が多い傾向にありますので、ここでは設計士とCADオペレーターの違いについて紹介していきます。

CADとはどのようなもの?

Computer Aided Design(コンピュータ エイディド デザイン、通称CAD)と呼ばれる設計支援システムは、1960年代に航空機設計のためにアメリカで開発されました。CADの登場前の設計は専門知識を持つ設計士が手書きで行い、製図には膨大な労力が費やされていました。

 

手書き設計では線の太さを統一する技術が必要となり、製図には練度が求められていました。そのため、「上手い図面」と「下手な図面」が存在しましたが、CADLINE(線分)コマンドと印刷設定を覚えれば、未経験者や初心者でも簡単に同じ太さの線を描くことができることから、練度の問題が解消されたのです。

 

また、従来は第二原図と呼ばれるトレーシングペーパーに製図したため、図面の管理や共有が難しかったものですが、CADで製図した図面はデータ保存ができるので、管理や共有が簡単になりました。

 

CADは平面図や立面図を紙に製図するように使用する二次元CADと、立体的な画像で製図ができる三次元CADに大別でき、住宅やビルなどの建築設計には三次元CADが用いられています。

 

専門分野に特化した設計が行える専用CADと、様々な分野で活用できる汎用CADが存在し、建築、土木、設備配管など各分野に特化した機能が実装された専用CADはそれぞれの分野の設計に用いられています。

 

設計士とCADオペレーターの違い

CADの普及によって多くの設計業務は設計士とCADオペレーターで行われるようになり、求人も発生しました。設計士とCADオペレーターは同じ仕事のように捉えられがちですが、設計士とCADオペレーターの業務内容は大きく異なります。

 

設計士はモノづくりの土台となる設計を行うのが仕事で、製図以外に専門知識や法知識、安全性や環境対策、製造コストまでを理解する必要があります。現在は設計士自身がCADを操るケースも少なくなく、CAD設計士と呼ばれています。

 

一方のCADオペレーターは、CADソフトを操って設計士の指示通りの図面を作成し、仕様変更などが発生すれば図面の修正を行う設計士のアシスタント的存在です。CAD操作ができれば初心者や設計未経験者でも作業できますが、設計業務の一端を担う責任重大な仕事であると言えます。

 

設計士とCADオペレーターは設計業務に取り組む点では同じですが、上記のような業務分担がされているため、設計士、CADオペレーターそれぞれに向き不向きが存在します。設計士向きの人とCADオペレーター向きの人は次に挙げるように異なります。

設計士向きの人の特徴

・数学が得意で、関係法令の勉強が苦にならない人

・モノづくりに強い関心があり好きな人

・未来予想が得意で細かい気配りができる人

CADオペレーター向きの人の特徴

・几帳面で丁寧かつスピーディーな作業ができる人

・高い集中力と忍耐力を併せ持つ人

・モノづくりに強い関心があり好きな人

 

設計業務というのは特殊な職種だけに、設計士、CADオペレーター共に「モノづくりに強い関心があり好きであること」は共通条件だと言えます。その他、スキルアップを継続できることも設計士とCADオペレーターに求められる条件だと考えられます。

 

CADオペレーターから設計士を目指す

設計士は正社員で給与体系も年収ベースの傾向にあり、安定した生活が期待できることから非常に魅力的な職業だと言えます。しかし記述の通り建築系設計であれば工法や建築基準法、安全性や環境対策、製造コストまでの理解が求められ、難易度が高い求人だと言えます。

 

一方CADオペレーターは給与体系が時給制の派遣の求人が多い傾向にあります。しかしCADオペレーターの主な業務は設計士のアシスト業務であり、CAD操作の技術と知識は求められますが設計士ほど多くの知識は求められず求人の難易度は下がります。

 

設計士に求められる専門知識の習得には多くの時間と経験が必要となるため、CADオペレーターとして設計業務に関わりながら設計士を目指すケースは決して珍しくなく、多くの方がアシスタント業務に就き実際に設計の現場でスキルアップを行っています。

 

設計士とCADオペレーターの業務内容は似て非なるものですが設計士を志す方が、派遣CADオペレーターでキャリアをスタートさせ設計士の下でスキルアップを行うことは効果的なキャリアアップの道だと言えるでしょう。

 

アクト・テクニカルサポートなら、自分にぴったりの仕事が見つかる

CADの登場で設計業務が大転換され、CAD設計士やCADオペレーターなど、新たな職種が誕生しました。設計士として年収制の正社員で活躍できれば、生活の安定も期待できますが、身に付ける専門知識が多いため、設計士は難易度の高い職種だと言えるでしょう。

 

そのため、CADオペレーターとしてキャリアをスタートさせ、将来的に設計士へとキャリアアップするのが現実的だと考えられますが、既述のとおりCADオペレーターにも適正が存在します。

 

好況な建築業界でCADオペレーターとしてキャリアを積みたいと考える方はアクト・テクニカルサポートが公開している求人情報を確認してみて下さい。勤務地、時給、期間等、あなたの条件にあったお仕事が見つかるかもしれません。

cad cad walker