KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.24

CADオペレーターとはどのような仕事?求められるスキルや資格について

求人のカテゴリーでもよく目にする「CADオペレーター」とは、どういった仕事内容なのでしょうか。CADのスキルや経験を持っていると、仕事探しの幅がぐんと広がります。そこでCADオペレーターになるために必要なスキルの身につけ方や、仕事の探し方について紹介します。

CADについての基本知識

まずCADとは何なのかということから見てみましょう。

 

CADとは図面を描くためのソフトウェア全般を指します。手書きの図面と比べて、CADだと線の太さや長さを均一にしたり、修正をしたりしやすいという特長があります。また図面をすべてデータとして管理できるため、保存や共有、移動が簡単にできます。CADオペレーターとは、文字通りCADを扱う人のことで、「ものづくり」に関わる仕事全般で需要が増えつつある仕事です。

 

CADには大きく分けると「2次元CAD」「3次元CAD」の2種類があります。2次元CADは平面図、立体図の図面を描く際に用いられ、すべての情報を平面上に線分や円で表します。図面としてのニーズが高く多くの企業で使われています。

 

3次元CADは家のような立体的なものを長方形や円柱を用いて描き、立体的に表すためのものです。実際どのような形になるのか、完成予想図のイメージのようで分かりやすいという良さがあります。この3次元CADから数値を自動で計算して、2次元CADを起こすこともできます。ただし、2次元CADと比べてスペックが高いため、コストも上がります。

 

また、その業界の製図が作りやすいように特化した専用CADと、どの分野でも活用することのできる汎用CADがあります。CADのソフトを選ぶ際は、そういった点も考慮すると良いでしょう。

 

代表的なCADのソフトには、以下のようなものがあります。

Auto CAD

2次元CAD汎用ソフトですが、建築関係でよく使われます。2次元、3次元とも対応しており、作成できる図面に幅があります。建築だけでなく、土木、機械など、それぞれに特化した専用CAD版もあります。

VectorWorks

アメリカで開発されたソフトで、インテリアデザイナーなどデザイン性が高いものを求めるユーザーが多いのが特徴です。

Jw-cad

建築関係ではAuto CADと並んで多く使われている汎用ソフトです。フリーソフトなので導入するためのコストがかかりません。ユーザーも多くので共有しやすく、テキストや操作方法の情報が得られやすいというメリットもあります。

CATIA

ダッソー・システムズ社というフランスの企業が作った機械専用CADです。世界的シェアも高く、トヨタ自動車などの自動車関連の企業も使用しています。

 

CADオペレーターは幅広い業界で活躍中

CADが活躍する場として挙げられるのは「建設業界」です。建設業界は家、ビル、マンション、橋、道路など様々な建築物ができるまでの仕事の流れを一通り担っています。CADオペレーターは最初の案から図面を作るだけでなく、様々な打ち合わせや建設工程によって出てくる修正も行なっていかなければいけません。CADであれば、手書きの図面より修正が比較的簡単にできるので、CADのメリットが活きます。

 

それ以外にも、CADが使われている業界は多くあります。

インテリア業界

内装や家具などのデザインをCADで行います。建築設計と同様、デザイナーの指示の元に作成しますが、細かいデザインは自分で調整しないといけないことも多く、デザイン力が求められます。

機械業界

自動車、航空、家電などの設計図や、製品の3次元モデルを作成します。ほとんどの場合、高性能の専用CADが必要となります。

アパレル業界

アパレルではデザイナーがデザインした服をサイズごとに型紙に起こすパタンナー、グレーディングや、型紙に合わせて生地を裁断する時に無駄のない配置にするマーカーの作業でCADを用います。

 

 

業界によっては専用のCADと知識が必要なことがあります。そのため、CADオペレーターとして活躍したい業界に合わせたCADの操作方法や専門知識を身につけなければいけないのです。

 

CADオペレーターになるにはどうしたらいい?

CADオペレーターとしてのスキルを身に着けるには2つの方法があります。

スクールや職業訓練校に通う

大学だけなく専門学校やパソコン教室、職業訓練校でCADのコースを設けている所は多くあります。独学ではやる気がでない、もしくは一人では分からないところがあるなら、スクールでの勉強がおすすめです。正確なスキルや知識をきちんと取り入れることができます。

独学

自分でソフトをダウンロードし、操作しながらCADのスキルを高めていきます。ソフトに合わせて市販のテキストやフリーのWeb上の解説サイトなどを使って勉強することができます。また、未経験での求人に応募し、働きながらスキルを身に着けることも可能です。

 

ただし、独学でCADノスキルを身につけても、実際の現場ではスキル不足を指摘されることも多いようです。CADオペレーターとして働くことを考えると、専門のスクールや職業訓練校に通うことがCADオペレーターへの第一歩と言えるでしょう。

 

この方法でCADの操作スキルを身に着ける以外にも大切なものがあります。それが「コミュニケーション能力」です。

 

CADオペレーターとは急な変更、修正のための打ち合わせや、専門分野での会話のため、相手の言っていることを理解し反映させるための会話力が大切になってくる仕事です。そのため、技術的なスキルだけでなく、チームワークとして進めていくコミュニケーション力が必要です。

 

CADオペレーターの仕事を効率的に探すには

CADは図面を作成するのに便利なソフトなので、様々な業界でCADを操るCADオペレーターが求められています。細かいCADの操作や打ち合わせをするコミュニケーション力が必要ですが、自分の作成した図面を元にものづくりが進んでいくという、やりがいのある仕事です。

 

CADオペレーターの求人は、正社員だけでなく派遣、パート、時短勤務など様々な勤務形態で探すことができます。鹿島建設グループのアクト・テクニカルサポートは建設分野に特化した派遣会社です。建設業に特化しているので様々な求人をそろえています。

cad cad walker