KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.25

未経験からCADオペレーターになるには?勉強の方法と仕事の見つけ方

CADオペレーターとして活躍するにはCADの知識を身につけておかなければなりません。未経験でも専門知識が必要なCADオペレーターになるには、どのような勉強法があるのでしょうか。雇用形態や働き方も気になるのではないかと思います。

 

ここでは未経験の方がCADオペレーターになるための勉強方法と、仕事の見つけ方についてご説明します。

CADオペレーターにはいろいろな働き方がある

CADオペレーターとは、「Computer Aided Design」、通称「CAD」と呼ばれる図面作成のソフトやシステムの操作を専門的に行う仕事です。

 

CADにはさまざまなソフトがあり、平面図を作成する2次元CADと立体表現が可能な3次元CAD、ある特定の分野に特化した専門CADと、CADを使用する業務であれば分野を問わず使用できる汎用CADに分けられます。

 

難易度の違いなどはありますが、いずれのソフトも専門知識を必要とします。そのためCADオペレーターは専門知識や技術を必要とする技術職といえるでしょう。

 

CADは初めに航空機業界で使用され始めましたが、今では建築業界や自動車業界、インテリア業界やジュエリー業界など様々な分野に欠かせないものとなっています。

 

CADオペレーターの仕事内容はCADを操作して作図すること、作図後に生じる修正や調整作業などです。コンピューターを使用したデスクワークが主になります。

 

CADオペレーターの勤務体系としては派遣社員が代表的なものですが、企業に直接雇用されて正社員やアルバイトとしての勤務もありますし、スキルや経験によってはフリーランスとして在宅勤務が可能な場合もあります。

 

未経験でもCADオペレーターになれる?

専門的な知識が必要とされるCADオペレーターですが、活躍の場が広く需要も大きいため、一般事務からのスキルアップなどとして、未経験でもCADオペレーターを目指す方は大勢います。

 

先ほども少し取り上げましたが、CADオペレーターの求人が最も多い雇用形態は派遣社員です。建築現場などでその案件が完成するまで、というような例が多いことを反映しているのでしょう。

 

正社員の求人もありますが、派遣社員よりも少なく、特に未経験の求人は少ない傾向にあるようです。正社員として雇用すると企業側としては多額のコストが発生するため、正社員の雇用には経験者が望ましい、ということではないでしょうか。

 

アルバイトやパートタイマーの求人に関しては正社員と比較すると未経験OKの求人数が多いといえるようですが、それでもやはりCADの実務経験がある方の需要が大きい状態です。

CADオペレーターとして働くためのキャリアプランとしては、大学や専門学校にて建築分野について学び、関連する会社に正社員として就職してキャリアを積んでいく、というパターンが多いようです。

 

社会人になってからCADオペレーターを志す場合は働きながら夜間の専門学校に通い、CAD技術を身につけた上で転職を測ることになりますね。

 

今後CADオペレーターとしてのキャリアを考えているのであればできるだけ早く20代のうちにCADオペレーターとしてのキャリアのスタートさせておくべきといえるでしょう。

 

当初はアルバイトや派遣社員としての採用であっても、できるだけ早いうちから実務経験を積んでいけば正社員へのキャリアアップも可能になるかもしれませんし、仕事の選択肢の幅が広がる可能性が大きくなります。

 

実務経験者として十分な実力がついていれば、40代で派遣社員から正社員になる事例もあります。また、フリーランスとして独立するのも一つの方法です。

 

20代から30代までに未経験OKの職場で実務経験を積んでおくと、その後のキャリアアップにもつながりますし、仕事の選択肢の幅が格段に広がります。

 

CADオペレーターを目指す未経験の初心者におすすめの勉強法

未経験の初心者がCAD技術を学ぶのであれば、専門のスクールに通うか、独学で勉強するのが一般的でしょう。

 

専門スクールでは実際に教師に指導を受けられますし、疑問点などはその場で質問して解決できることが大きな利点でしょう。CADの操作方法はもちろん、製図や作図に関する基礎知識やCADに関係する資格対策などが学べます。

 

専門スクールでの勉強を選択する場合には、自分のレベルに合ったコースを選択すること、無理なく通える場所にあるスクールを選択することが重要になるでしょう。

 

スクールに通う時間が確保できない方や、費用面でスクールに通うのが難しい方、自分のペースでじっくりと学びたいという方には独学で学ぶという手段もあります。

 

パソコンとCADソフト、ソフトに対応したテキストを利用して、演習問題を繰り返しながら操作方法を理解していきましょう。独学の良さは自分が納得できるまで何度も繰り返して学習できることです。本人のモチベーション次第ではスクールに劣らない知識や技術が習得できるでしょう。

 

操作方法を実際に見て確認できるDVDなどの素材やWebで公開されている動画なども、理解を深める手助けになります。

 

ただし、独学の場合はどこまで操作ができるかどうかの判断がつきにくいため、派遣会社に登録してもお仕事の紹介を受けられないケースもあるようです。

 

スキル不足はCADオペレーターの求人募集に応募する以前の問題ですから、CADオペレーターとして働きたいと考えている方は、専門スクールや職業訓練校など確実にCAD技術を身につけることができる方法を選択することが良いでしょう。

cad cad walker