KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.23

建設現場事務の仕事とは?業務内容と現場事務の求人についてご紹介

たくさんの職種の方が活躍している建築現場。建築現場では事務職の方も活躍しています。建設現場事務では、一般事務と異なる特殊な仕事内容があるのでしょうか。求められる資格やスキルなども通常の事務職とは異なるのか、気になりますよね。

 

そこで、ここでは建設現場事務の業務内容や必要とされるスキルについて見ていきましょう。あわせて、建設現場事務の求人についてもご紹介します。

建設現場事務の仕事とは?

建築の現場で働くといえば、作業員や現場監督などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、実は現場事務も重要な仕事です。

 

建設現場では日々さまざまな事務作業が発生しています。事務作業を引き受け、建築現場で働いている人たちをサポートするのが建設現場事務の仕事といえるでしょう。

 

主な仕事内容としては一般事務と大きく変わりません。来客の対応や電話対応、メールやファックスなどの対応、各種書類作成や備品の管理、現場によっては清掃作業なども必要になる場合があります。

 

建築現場の場所によっては、現場で働く人たちのお弁当などの発注作業がある場合もあり、請求書作成や帳簿管理などの経理作業が求められることも多いです。

 

会社にもよりますが、アルバイトの方などの求人作業や面接、採用に伴う手続きなどを任されることもあるようです。

 

なお、建設現場事務の仕事の一番の特徴は、期間限定であることが挙げられます。

建築物が完成するまでの期間の仕事となるため、1年~10年程度で別の新しい現場へ移ることになります。

 

派遣会社によっては、続けて次の現場を案内することが難しいこともあるため、期間が終了する前に次の仕事に向けて行動していきましょう。

 

建設現場事務の求人に応募するには、どのような資格が必要?

建設現場事務の求人の応募の為に必ず資格が必要とされるわけではありませんが、持っていると転職に有利だったり、現場で重宝されたりするものもあり、会社によっては求人の際に特定の資格が要求されることもあります。

 

建設現場事務では経理作業を行うことが多いので、建築業経理検定試験、建築業経理事務士試験、日商簿記などはあると優遇される可能性があります。

 

他にも現場事務に求められるスキルとしては、WordExcelPowerPointなどを使いこなせることが挙げられます。その他にも建築現場に欠かせないCADが扱えると、事務をしながらCADオペレーターとしても活躍できるかもしれません。

 

現場の状況は毎日変わります。仕事をルーティンワークとして行うのではなく、その場の状況に応じて臨機応変に仕事を組み立ててこなしていく能力が建設現場事務には必要とされます。

 

来客予定がわかっている場合は、その時間をさけて予定を組んでおく、経理作業に時間がかかりそうな日は他の作業をできる限り前日に終わらしておくなど、積極的に効率の良い仕事のやり方を模索できる方が、建設現場事務には向いているといえるでしょう。

 

また、来客対応や現場で働く方たちとのコミュニケーションは必須です。建設現場事務に限ったことではありませんが、コミュニケーション能力は必要で、コミュニケーションが苦手、ひとりで完結する仕事がしたいという方には建設現場事務の仕事は向いていません。

 

建築現場では何もないところにモノが出来上がっていく過程が味わえます。モノづくりが好き、という方にとっては興味深い仕事場所になることでしょう。

 

建設現場事務で自分のスキルをステップアップさせるには

先にも少し述べましたが、CADを扱えると建築現場では重宝されることが多いです。CADとは、設計図などの図面を作成するソフトやシステムのことで、CADの操作を専門的に行う仕事をCADオペレーターといいます。

 

かつては紙の図面であった設計図ですが、現在はCADを利用するのが一般的で、建築現場には欠かせないものとなっています。CADを利用するのは建築現場だけではなく、自動車業界や航空業界、インテリア業界やアパレル業界など多岐にわたります。

 

CADを学ぶには専門のスクールなどに通って必要な知識を得る、またはフリーソフトやテキストを使用して独学で学ぶのが一般的です。働いていると専門スクールに通うのは時間的に難しく、高額な費用もかかることから、独学で学ぼうとする方も多いようです。

 

ただし、独学で身につけた場合、実際の現場ではスキル不足と感じることも多いため、仕事の幅を広げたいと考えている方は、専門のスクールや職業訓練校などに通うことが良いでしょう。

cad cad walker