CADの資格は独学で取れる?効率的な勉強方法と資格取得後の進路について | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.29

CADの資格は独学で取れる?効率的な勉強方法と資格取得後の進路について

CADの資格を独学で取得できれば、スクールに通う費用なども節約できますよね。実際のところ、独学でCADの資格を取ることはできるのでしょうか?この記事では、CAD関連の資格の難易度や独学で勉強する方法を解説するとともに、取得した資格を仕事で活かす方法もご紹介しています。ぜひとも参考にしてください。

CADの資格取得は独学では難しい?

CADの資格を独学で取ろうと考えている人は、どのような資格があって、どの程度の難易度なのかといったポイントを押さえておくことが大切です。

 

CADの資格といっても、住宅、ビル、橋などを造る建築・土木業から、自動車、航空機、家電製品などを造る製造業界、アパレル業界、家具・インテリア業界、広告業界など、実にさまざまな分野で取り入れられています。それぞれ求められる知識やスキルなどが異なりますので、資格もさまざまです。

 

例えば、CADを取り入れている業界では特に認知度や評価が高い「CAD利用技術者試験」、受験資格などを特に定めていない「CAD実務キャリア認定制度」「建築CAD検定試験」、CAD関連のソフトを開発しているAutodeskによる「オートデスク認定資格プログラム」などがあります。

 

その中でも特に「CAD利用技術者試験」については、企業からの認知度も高いと言われており、取得を目指す人も多い資格です。

 

CAD利用技術者試験

一般社団法人コンピュータ教育振興協会が実施している民間資格です。基礎試験は自宅で受験できることもあり、平成28年時点で約65%と比較的高い合格率ですが「2次元CAD利用技術者試験2級」となると約53%、「1級」の建築は約41%と難易度が高くなります。「3次元CAD利用技従者試験」も2級が約42%、準1級が約51%、1級が約43%となります。

 

CADの資格およびスキルを独学で身につけるには

CADの資格を独学で効率よく学ぶためには、いくつかのコツがあります。まず、大前提として「目標を明確にすること」です。

 

目標を明確に!

独学は自分のペースで学べる反面、いったん気が緩んでしまうと取り戻すのが大変です。特に「なんとなく資格を取りたい」などといった曖昧な目標では、独学で勉強し続けることは難しいでしょう。「○月○日までにテキスト1冊修了させる」といった、具体的かつ実現可能な目標を細かく設定していきましょう。CAD独学用カレンダーを作って、常に目に入る場所に貼っておくのもおすすめです。

 

テキスト選びも重要!

CAD操作に欠かせないのが「コマンド」です。テキストの中には「コマンド」について詳しく書かれているだけで、実践的な「図面の作成」まで解説されていないものもあります。それでは、ただ「コマンドを実行できるようになった」だけで終わってしまいます。「コマンド」の説明ももちろん重要ですが「図面の作成」まで解説されているテキストを選びましょう。特にDVD付きのものなら映像を見ながら進められるので、分からない部分も解消しやすく、おすすめです。

 

取得したCADに関する資格を仕事で活かす方法

独学でスキルや知識を身につけ、見事試験に合格したら、早く現場で資格を活かして活躍したいですよね。CADオペレーターの仕事の種類や業務内容、雇用形態、気になる給与などを見てみましょう。

 

CADオペレーターの仕事は「建築・土木業界」「自動車・航空業界」「機械・家電業界」「アパレル業界」「家具・インテリア業界」「福祉業界」「広告業界」など、実にさまざまです。いずれも設計や製図のオペレーターがメインになってきますが、設計アシスタントなどの業務も募集が増えています。

 

雇用形態は正社員、契約社員、派遣社員、パートなどさまざまですが、その中でも「派遣社員で働く」という選択をする方も多いです。

 

その理由としては、週4勤務や時短勤務などが可能だったり、育児休暇後に復職しやすい、ライフスタイルに沿って勤務しやすいなどが挙げられます。

 

それでいて、決して低くない給与も魅力になっています。あくまで平均ですが、時給は1500円程度から、時給2000円以上という求人情報も実はそれほど珍しくありません。経験やスキルによって勤務条件や給与面の待遇なども相談できるのが、CADオペレーターの強みなのです。

cad cad walker