建設業でスキルを磨く方法と、有利な建設業の転職先の見つけ方とは | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.16

建設業でスキルを磨く方法と、有利な建設業の転職先の見つけ方とは

近年、求人が多く見られる建設業は、転職するのに有利な業界です。しかし、専門的な業界のイメージが強いため、尻込みしてしまう方も少なくありません。それでは、建設業への転職には、高いスキルや経験、資格が求められるのでしょうか。

 

今回は、スキルが少なく資格などが無くても建設業界へ転職は可能なのか、建設業への転職で求められることを紹介いたします。

 

建設業の仕事内容と役割について

建設業の仕事内容は様々です。設計から始まり、大工、とび、左官、重機オペレーターといった、現場で建物を造るスキルが求められる分野や、電気整備、塗装などの完成した建物を整える分野まで、多彩な職種が関わっています。

 

しかし、職種は異なっても、それらの仕事内容すべてに共通する、建設業における3つの役割というものがあります。

 

人の暮らしをつくる

住宅、公共施設、道路などを建設して、人々の生活を豊かにします。

 

人の命を支える

災害に強い建物や改築、有事の際の復旧作業で地域社会の安全を守ります。

 

経済を発展させる

経済発展に必要な建築物を建てるだけでなく、地域の雇用を増やし、経済の発展に貢献します。

 

建設業で働くということは、この3つの分野に貢献できるということです。自分の仕事が多くの人々や社会を良くすることに関わっていると考えると、建設業へのやりがいもより強く感じられるでしょう。

 

建設業は転職しやすい?人手不足と求人数の現状

近年、建設業の求人は増加の傾向にあります。これはデータにも表れており、2018年2月のハローワークにおける有効求人倍率は、建設技能工は4.83倍、建設技術職は6.42倍と高い倍率になっています。

 

つまり、転職を考えている一人に対して、4件から6件の求人があるということです。この増加は、それぞれ33ヶ月、34ヶ月連続で見られるため、数年にわたって求人増加の流れが続いていることが分かります。

 

求人が増加しているということは、人手が不足しているということです。さらに、2020年の東京五輪による建設ラッシュの影響もあり、建設業全体が働き手を欲している状態となっています。そのため、派遣、バイトでも採用されるケースは多く、就職、転職するには狙い目の業界であると言えるでしょう。

 

建設業界で転職が有利になるスキルとは

建設業の仕事への転職を考えているなら、持っておきたい資格やスキルがあります。

 

資格

建設業の仕事には資格が必須なものがあります。関連する資格として、代表的なものには「一級建築施工管理技士」「一級土木施工管理技士」「一級建築士」「宅地建物取引士」などが挙げられます。

 

ただし、取得の際に実務経験が必要な資格も多く、新卒での就職の際に資格が必須条件となっていることはほとんどありません。そのため、建設業の求人が増えている現在、未経験でも転職することは可能です。

 

しかし、必須条件となっていなくても、資格やスキルを持っていると転職に有利に働くことも事実です。建設業の国家資格は難易度が高かったり、取得までに時間がかかったりするものが多いので、すでに資格とスキルを持っている人材を優遇する傾向があります。

 

資格という目に見えるもので、持っている知識やスキルをアピールできるのも、転職の際の強みと言えます。

 

臨機応変に対処する適応力

建設業は予期せぬ事態が起こり得ます。建設現場での事故や安全対策、天候による工期の調整、図面や資材の変更など様々なケースが考えられます。その中で、それぞれの状況に合わせて、的確で迅速な判断をしていかなければいけません。

 

責任者への報告、相談をしながら自分で考える能力も大切です。建設業への転職を考えているのなら、これらのスキルを培うことを意識すると良いでしょう。

 

コミュニケーション能力

ほとんどの職種でコミュニケーション能力は必要なものですが、建設業では特に重要なスキルです。建設業は、1つの現場に数多くの仕事の人達が関わっています。

 

自分が所属する企業の従業員とだけではなく、設計者、現場代理人、職人、営業、施工主など、関連する人が多いため、人間関係のトラブルが起きてしまうことも多々あります。

 

加えて、現場周辺の住民の方々への細やかな配慮も欠かせません。そのため、しっかりコミュニケーションを取って円滑に物事を進められるコミュニケーション能力が求められます。

 

建設WALKERを利用して、建設業で理想の転職先を見つけよう

人々の暮らしを支え、安全を守る建設業はやりがいのある仕事です。求人が増えていることもあり、転職するには良い業界と言えます。特に建設業に関連する資格を持っている方は、転職活動を有利に運ぶことができるため、その資格に関連した職種を選ぶと良いでしょう。

 

資格がない場合は、建設業に求められる適応力やコミュニケーション能力など、資格以外のスキルを磨き、アピールすることをお勧めします。

 

建設業への転職に関心が出てきた方は、実際にどのような給料形態、勤務形態で求人があるのか、アクト・テクニカルサポートの建設WALKERでぜひとも検索してみてください。建設業に特化した様々な求人を掲載しています。

 

持っている資格、働きたい職種、勤務地ごとなどで検索できるため、自分にあった求人を探すことができます。アクト・テクニカルサポートの建設WALKERは、理想の転職先との出会いをお手伝いいたします。

 

本コラムに掲載の内容は、2019年05月16日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker