3D CADや専用CADとは?CADの種類と特徴について | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.23

3D CADや専用CADとは?CADの種類と特徴について

1960年代に登場したCADの普及で大転換を果たしたと言えます。そんなCADも今では、フリーソフトを含め様々な種類のCADソフトが存在します。ここでは、CADの種類や特徴や代表的なCADソフトなどをご紹介します。

CADの特徴と種類について

一口にCADと言っても、二次元に対応するCAD(2D CAD)と三次元CAD(3D CAD)の2つに分類され、さらに建築や土木、建築設備、設備配管など設計分野の種類ごとに開発された専用CAD、あらゆる種類の設計にも対応できる汎用CADが存在します。

2DCAD

手書き図面のように2Dで平面図と立面図の製図を行うもので、LINE(線分)や円弧のコマンドを入力し、製図を行います。入力コマンドが比較的簡単で無料ソフトも複数存在するので、独学でCAD操作の習得を目指す方が取り組みやすい種類のCADだと言えます。

 

紙に描かれた図面は供覧性が高く、現在でも高いニーズがあるため、二次元CADに対するニーズも根強く存在しています。

D CAD

Dの立体的な製図を行うCADで、直方体や球を用いて製図を行い、形状や位置関係を立体的に描画できるため、住居やビルなどの建築設計をはじめとした多くの分野で活用されています。

 

全方向から立体的画像で仕上がりの確認が行えることから、イメージが掴みやすく、自動計算で2Dの図面を出力できるのが魅力です。一方、ソフトが高額でパソコンの要求スペックが高く、導入コストが大きくなりますが、設計や製図のスペックは二次元CADよりも高いと言えます。

専用CAD

設計分野の種類ごとに特化した機能を実装し、建築CADは窓や扉など、建築設備CADは配線や配管などがすぐに入力できるようになっています。

汎用CAD

全ての種類の設計に対応でき、プログラムを追加することで専用CADにブラッシュアップできるものも存在します。

 

CADの種類によって使用ソフトも変わる

CADの稼働には欠かせないのがCADソフトでCAD種類によって使用するCADソフトも異なるため、非常に多くの種類のCADソフトが存在しています。

代表的なCADソフト

特にニーズが高く、代表的なCADソフトだと言えるのが次に挙げる5種類のソフトです。

 

■AutoCAD

 

汎用CADの代名詞と言っても過言ではないほどの普及率を誇るのがAutoCADです。自由度が高いうえに立体的な描画を実現する3D CAD対応で、様々な種類の設計に活用されています。汎用CAD以外にも建築、土木、機械などの専用CADもリリースされています。

 

■Vectorworks

 

Mac OS版CADソフトとして世界で最初に開発されたソフトで、直感的に操作でき、デザイン性を重視する建築家やインテリアデザイナーが愛用する傾向にあります。Windows版も開発され、ユーザー数も順調に増加しているソフトです。

 

■Jw_cad

 

建築士が参加して開発された汎用CADソフトで、建築設計で広く利用される無料ソフトです。Windows専用2D CADソフトですが、Mac OSで動作する「JW-CAD for Mac」も存在します。公式サイト内には技術情報を交換できる情報交換室が併設され、活発な情報交換が行われています。

 

■ArchiCAD

 

Mac OS版として開発された2D、3D対応の CADソフトで壁、スラブ、屋根、ドア、窓に加え家具のデータも組み込まれた建築 CADソフトです。カスタマイズ可能な既存データをライブラリから選択し、製図できる高い人気を誇るソフトだと言えます。

 

■Revit

 

AutoCADを提供するAutodesk社が建築設計に特化したソフトとして開発したもので、建築設計に必要な床、壁、窓、柱、扉などのデータが組み込まれています。設計データは平面、立面、断面の全図面に反映され整合性が取れた製図が行えます。

他にもCADソフトの種類は豊富!

■Inventor

 

Revitの販売元Autodesk社が開発したCADソフトで、安定操作ができる先進的なグラフィックシステムが実現する板金展開・構造解析など金属や石油製品を用いる機械分野の設計を得意としています。AutoCADの設計データにInventor機能のデータを加えることもできる点も高く評価されています。

 

■CATIA

 

2006年にトヨタ自動車が導入し注目を集めたハイエンド機械専用CADで、機能性や操作性に優れ「CATIAで製図できない曲面や形状は存在しない」と言われるほど評価の高いCADソフトです。ベーシックなタイプでも100万円以上、空力解析や衝突分析に対応するタイプは1,000万円以上などハイエンドCADソフトにふさわしい価格設定がされています。

 

■SOLIDWORKS

 

CATIAの販売元フランスのダッソー・システムズ社のミドルレンジCADソフトで、基本機能のポテンシャルはCATIA同様高く設定されています。構造設計などに用いるのであれば十分対応可能なCADソフトとして高く評価されています。

 

■IJCAD

 

2001年に発売されたAutoCADと高い互換性を持ち、累計3万以上の採用実績があるCADソフトです。1台のパソコンのみで使用する「スタンドアロン版」、USBメモリを利用して起動する「USB版」、社内LANなどで共有できる「ネットワーク版」の3種類がリースされています。

 

■CADWe’ll Tfas

 

直感的な操作が行える高い操作性と高精度のデータ互換性を持ち建築設備設計業界で高いシェアを持つ設備用CADソフトです。登録されている設備機器を利用して二次元から三次元までの設計に対応しています。

 

 

このように、CADソフトと言っても、それぞれによって使用用途や特色が異なります。
まずはどの分野のCAD技術を習得したいか、どのような技術が必要なのかを把握しておくことが大切です。

 

CAD技術を活かせる仕事を効率的に見つけるには

CADの普及によって、製図の仕事が比較的簡単に行えるようになったと言えます。また、CADオペレーターの派遣先や転職先の選択肢が大きく広がったとも考えられます。

 

既に紹介したとおり、CADソフトは非常に多くの種類が存在し、二次元に対応する2D CAD、三次元に対応する3D CAD、専門機能を実装した専用CAD、様々な種類の設計に対応する汎用CADが存在します。

 

建築CADと呼ばれる建築設計に特化したCADソフトが多く存在するのも、建築設計でCADが広く活用されている証しだと考えられます。つまり、建築設計業界では広くCADオペレーターの人材が求められているということになります。

 

鹿島建設グループのアクト・テクニカルサポートは、建築系CADオペレーターの派遣先を多数紹介しております。是非求人情報をご確認ください。

本コラムに掲載の内容は、2019年05月23日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker