CADオペレーターとして派遣で働くには?必要なスキルの身に付け方 | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.23

CADオペレーターとして派遣で働くには?必要なスキルの身に付け方

建築業界の派遣などの求人で必ず目にするのが「CADオペレーター」です。このCADオペレーターとはどのような仕事内容なのでしょうか。ここでは、どうしたらCADオペレーターとして働けるのかを見ていきましょう。

CADオペレーターの仕事内容について

CAD」とは「AutoCAD」「Jw-cad」などの図面作製ソフトウェア全般のことを指します。建築業界だけでなく、インテリア、機械電気、アパレルなど、様々な分野で平面、立体の設計図を描くのに用いられています。

 

建設業でのCADオペレーターとは、このCADを使って図面を作成する仕事です。自身で設計をするのではなく設計者が作った設計図を元に作成していきます。そのため、ソフトウェアの操作技術だけでなく、ある程度の建築の知識や表現力、設計者の意図をくみ取る能力も求められます。

 

仕事のタイプとしてはパソコンに向かって一人で黙々と作業する仕事ではなく、設計者との打ち合わせなど、コミュニケーションスキルが求められるものです。納期前の急な修正などにも対応する適応力も必要です。大変さもありますが、建築士でなくても設計者と一緒に「ものづくり」をするというやりがいを感じられるでしょう。

 

派遣から正社員まで、CADオペレーターにはいろいろな働き方がある

CAD オペレーターとして働くには派遣、正社員、バイトなど様々な雇用形態があります。

 

1つ目は、正社員やバイトとして企業に直接雇用されて働く形態です。会社によっては時短勤務や在宅勤務での求人を出していることもあります。特定の会社で働くため、その会社が行なっている分野のスキルや知識を高めていくことができます。CADオペレーターとして特定の分野を極めたいなら、それを特化している企業の求人に絞ると良いでしょう。

 

2つ目は派遣です。この場合、この場合、雇用元は派遣会社となりますが、スキルや経験に合わせて派遣先企業や仕事内容が決まります。派遣会社によって紹介される仕事が異なりますので、CADオペレーターの派遣に特化した派遣会社に登録するのも一つの手です。

 

3つ目はアルバイトやパートとして雇用される形態です。企業の需要に合えば採用されやすく、勤務時間も選びやすいというメリットがあります。その分、雇用の安定性は低くなり、正社員、派遣と比べて賃金や待遇が低いことがあります。

 

新たに若手を育成したい、ニッチな分野で経験者が少ない、研修制度が充実しているなどの理由で、CADスクールや職業訓練校でCAD操作を学んだ方であれば、実務未経験でもCADオペレーターの求人に出会えることがあります。正社員、派遣ともに未経験での求人を探すことは可能なので、CADオペレーターとして働きたいという気持ちがあれば、挑戦できる仕事です。

 

CADオペレーターに必要なスキルの身に付け方

CADオペレーターの派遣求人では「未経験でも一通りの操作方法が分かる人を優遇する」となっていることがあります。そのため、未経験でCADオペレーターを始めるのであれば、事前に必要なスキルを身につけておくと、就職する際の助けになります。

 

CADを学ぶには、独学とスクールの2つの方法があります。

専門のスクールや職業訓練校などで学ぶ

一人ではどうにも分からない、誰かに聞きながら学びたい、という方はCADスクールに通うのがおすすめです。パソコン関連や資格のための専門学校や職業訓練校でCADを学ぶためのコースが設けられていることが多くあります。専門学校であれば、オンラインで行う通信制度のコースもあり、定期的に通う時間が取れない方でも受講できます。

 

期間はコース内容にもよりますが、3ヶ月から6ヶ月程が一般的です。お金はかかりますが、スクールだからこそ専門的に正確な知識をきちんと身につけることができるというメリットがあります。

独学で学ぶ

ある程度パソコンの操作を得意とする人は独学でCADの操作方法に慣れることができます。会社によって使われているCADのソフトは異なります。就職前であれば、操作に慣れるために無料のソフトで始めるのがおすすめです。業界ごとに使用されるソフトが違うので、建設業で選ぶならまずはJw_cadのような無料で提供されているCADを選ぶのもよいでしょう。

 

操作方法を学べるように、CADのソフトごとにテキストが3,000円から5,000円くらいで市販されています。ソフトによってはWeb上にテキストを公開しているものもあるので、そちらも活用できます。

 

独学は自分で勉強を進める強い意志が必要で、無料のソフトを使えば資本0で始められるため、気軽にCADに挑戦できるというメリットはありますが、実際に現場で操作しようとするとスキル不足を感じる方も多くいます。

 

なお、派遣会社によっては登録時にスキルチェックが行われることがあり、独学の場合、事前のスキルチェックでも満足のいく結果が出せず登録すらできないというケースもあると言われています。

 

派遣などCADオペレーターとして仕事をしたいと考えているのであれば、独学よりも専門のスクールや職業訓練校で正しい知識と技術を身につけておくことをおすすめします。

 

アクト・テクニカルサポートなら、CADオペレーターの求人が豊富

CADオペレーターは専門的な仕事ですが、実務未経験でも挑戦できる興味深い分野です。設計者と共に図面を作成し、ものづくりの楽しさを味わえます。自分がCADで作成した図面を元に建物ができあがっていくと考えると、やりがいのある仕事ではないでしょうか。スキルを身につければ派遣、正社員など様々な雇用形態で活躍することが可能です。

 

鹿島建設グループのアクト・テクニカルサポートは建設分野のCADオペレーターに特化した派遣会社です。鹿島グループ各社をはじめ、大手優良企業の求人が豊富にあります。お仕事をお探しであれば、一度求人サイトを検索してみてください。

本コラムに掲載の内容は、2019年05月23日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker