CADを使った仕事とは?製図に使用される2D CADと3D CADの違いについて | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.05.29

CADを使った仕事とは?製図に使用される2D CADと3D CADの違いについて

現在では、製図作業はCADソフトを使用するのが基本となっており、CADは建築や機械分野、自動車および航空機、インテリアデザインやアパレル、ジュエリーなどの幅広い分野で欠かせないものとなっています。

 

そのため、CADを専門的に操作する仕事であるCADオペレーターの需要が高まっています。ここではCADとはどんなものか、2D CADと3D CADとの違いやCADを使った仕事の探し方などをご紹介しましょう。

CADとはどのようなもの?専用CADと汎用CADの違い

CADは英語の「Computer Aided Design」の頭文字を略したもので、日本語ではコンピューター支援設計と訳されます。

 

従来、手作業や紙ベースで行われてきた製図作業をコンピューター上でできるようにしたもので、現在では建築業界、自動車業界をはじめとして、インテリアデザインやアパレル、ジュエリーのデザインなどさまざまな分野で使用されています。

 

CADは専用CADと汎用CADの2種類に大きく分けられます。専用CADとは建築や機械設計、自動車など特定分野に特化したCADで、それぞれの分野における製図作業が効率よく行えるように考慮されています。

 

建築に特化したREVIT、機械分野に特化したInventorや、自動車や航空機などの設計に使用されるハイエンドCADCATIAなどがよく知られています。

 

汎用CADは、専用CADのように分野を特定せず、どの領域でも通用するように設計されているCADのことを指します。汎用CADとしてはAutoCAD Jw-cadなどが幅広く使用されています。

 

製図に使用される2D CADと3D CADの違いと使い分けについて

今日では製図作業に欠かせなくなったCADですが、専用CADと汎用CADの他にも、2D CADと3D CADという区別もあります。

 

D CADは平面での表現が可能なCADです。線や円弧を使用して、従来通りの紙の図面と同じ書き方が、コンピューター上でできるものと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

 

それに対して3D CADは、立体での表現が可能なCADのことを指します。建物や製品を立体で表現できると、あらゆる角度からの確認が可能になる上、図面に関する知識がない方でも簡単にイメージを把握できるという利点もあります。

 

CADが作図の主流になっても、従来の紙の設計図のような平面図の需要は変わらずあります。2D CADはその作業をコンピューター上で行うものであり、3D CADは特別な知識がなくても立体を認識しやすい3Dモデルを製作するためのものです。

 

そのため、機械設備などは2D CADがよく利用され、製品設計などには3D CADが多く使用される傾向があります。

 

建設業界で働くならまずは汎用CADになれることが重要

上記のように、2D CADと3D CADは用途によって使い分けられるため、どちらを習得するべきかとは一概には言えませんが、CADオペレーターが多く活躍している建設業界で働くのであれば、よく使用される汎用CADに慣れることが大切になるでしょう。

 

建設業界でよく使用される汎用CADには、AutoCADVectorWorksJw_cadなどがあります。

AutoCADは平面から立体まで幅広く対応しており、その高い機能性が支持されている汎用ソフトです。日本でも建築分野、機械分野において大きなシェアを誇っています。世界中で使用されているのでデータ共有がしやすいのも魅力です。建築や土木分野の汎用ソフトの基準ともいえる存在で、日本にも多くのユーザーに支持されています。

 

VectorWorksはデザイン性の高い作品を作り上げる建築家やデザイナーの方に好まれるCADで、もともとMacintosh用に開発されたソフトのため直感的な操作がしやすいという特徴があります。PhotoshopillustratorなどのAdobe製品に対応しているのもクリエイターに好まれる要因の一つでしょう。現在では、表計算なども可能なWindowsバーションも登場しています。

 

Jw-cadは無料で使用できる2D CADのフリーソフトということもあり、非常に多くのユーザーがいるソフトです。

 

テキストや操作技術習得のための問題集なども充実しており、インターネット上でJw-cadの操作方法などを解説する動画などもたくさん存在するので、独学でも比較的学びやすい基本的なソフトともいえるでしょう。建築士が開発したソフトのため、汎用CADではありますが建築業界で使用されることが多いCADです。

本コラムに掲載の内容は、2019年05月29日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker