Jw(JWW)_CADとは?AutoCADとの違いや互換性、Mac版の使い方など徹底解説 | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

CAD・派遣・転職2019.08.28

Jw(JWW)_CADとは?AutoCADとの違いや互換性、Mac版の使い方など徹底解説

建築設計業界を始めとし、広く普及しているJw(JWW)_CAD。フリーライセンスでありながら、有償のCADに劣らない高機能なソフトとして多くの設計者から親しまれています。

今回はそんなJw(JWW)_CADAutoCADの違いや、MacユーザーのJw(JWW)_CADの利用方法などについて詳しく解説していきます。

Jw(JWW)_CADとは

Jw(JWW)_CAD(ジェイダブリューキャド)は、無料で使える建築系汎用CADソフトの中で、最も普及している二次元のCADソフトです。

 

Jw(JWW)_CADは開発当初から建築士が関わっており、建築設計でよく使う機能がデフォルトで取り入れられています。主に建築業界で広く普及しているCADソフトですが、アニメ制作や服飾デザインの業界などでも利用されています。

 

Jw(JWW)_CAD の優れている点として、以下が挙げられます。

 

・フリーソフトでありながら高い機能を実装している

・建築図面を作図する為の機能が充実している

・汎用性が高く独自にカスタマイズして使用できる

 

無料で手に入れることができるJw(JWW)_CADの操作スキルをもとに、他のCADを習得する人もいるようです。

 

Jw(JWW)_CADは公式では、Windowsのみの対応となっていますが、MacOS XJw(JWW)_CADを動作させる事ができるソフト「Jw_CAD for Mac」もフリーで配布されています。

 

Jw(JWW)_CADの主な機能

Jw(JWW)_CADには、デフォルトで建築設計者が使う機能が実装されています。

 

Jw(JWW)_CADの建築設計のための機能

 

・クロックメニュー

・日影図作成機能

2.5D機能

・マウスで囲うだけの簡単包絡処理(柱、梁、壁)

・建具や設備の簡単作図機能

・線種のカスタマイズ(色、線種、線幅)

 

Jw(JWW)_CADの動作環境を確認

つぎにJw(JWW)_CADをパソコンで動かすためのPCスペックを確認していきましょう。

 

Jw(JWW)_CADはフリーソフトという事もあり、正常に動作するスペックが公式でうたわれている訳ではありません。

 

しかしながら概ねWindows7以上のOSで、HDDに十分な空き容量があれば、問題なく動作すると言われています。ただし、動作保証されている訳ではありませんので、導入は自己責任となります。

 

推奨されている動作環境は以下の通りです。

 

Jw(JWW)_CADの推奨スペック

 

OS   Windows7〜10/Vista/XP/2000 (32bit/64bit)

CPU   Intel Core i5 2Hz以上

・メモリ 4GB

HDD   500GB

 

Jw(JWW)_CADのダウンロードとインストールについて

Jw(JWW)_CAD Windows版

ここからはJw(JWW)_CADとダウンロードとインストールの方法を具体的に紹介していきます。はじめにWindows版から見ていきましょう。

 

1. Jw(JWW)_CADの公式WEBサイト『jwcad.net』にアクセスし、最新バージョンの『jwcad.net』をクリックしてダウンロードします。

 

2.ダウンロードした『jww803a.exe』をダブルクリックして起動します。

 

3.Windowsのデバイス変更の許可表示で『はい』を選択してください。インストールがはじまります。

 

4.インストールが始まると『Install Shield』ウィザード画面が表示されますので、『次へ』をクリックし、先へ進みます。

 

5.先へ進むと、使用許諾契約画面が表示されますので、内容を確認した後に『使用許諾契約の条項に同意します』を選択し、『次へ』をクリックします。

 

6. HDDの中のJw(JWW)_CADがインストールされる場所が表示されますので、変更せずに『次へ』を選択します。

 

7.ここまででインストールの準備が完了となります。『Install Shield』に『インストール』というボタンが表示されるので、クリックするとインストールが始まります。

 

8.インストールが終了すると『Install Shield』に『正常にインストールされました「完了」をクリックして、ウィザードを終了してください』と表示されます。「完了』をクリックした後に、パソコンを再起動し、インストール作業が全て終了となります。

 

Jw(JWW)_CAD MAC版

つづいてJw_CAD for Macを、ダウンロードとインストールに分けて見ていきましょう。

 

・ダウンロード

Jw_CAD for Macはhttps://jwcad.keinos.com/#downloadからダウンロードする事ができます。ダウンロードファイルはZIP形式になっており、解凍したファイルの中には、安定バージョンであるVer..11と、最新バージョンになるVer.8系が入っています。

 

正常な動作の確認が出来ているmacOSのバージョンは、Mac OS X v10.6 Snow LeopardからMac OS v10.12 Sierraです。

 

またJw_CAD for Macを使用するユーザーの報告により、MacOSv10.14 Mojaveでも動作確認がとれているようです。

 

・インストール

つづいてインストールですが、まずはダウンロードしたJw_CAD for Macの入っているZIPファイルを解凍します。

 

解凍したファイルのうち、安定バージョンか最新バージョンのどちらかを、「アプリケーションフォルダ」に移動します。

 

なお、MacOSMacOS Sierraを使用している方が初めてJw_CAD for Mac起動する際、アプリケーションフォルダ以外の場所で起動すると、ファイルがロックされて起動できなくなるようです。必ずアプリケーションフォルダに移動してから、起動するように注意しましょう。

 

同じMacを別のアカウントを使って利用している場合は、アカウント別にインストールする必要があります。それぞれのユーザーフォルダ内の「アプリケーション」フォルダにインストールしましょう。

 

Jw_CAD for Macで保存されたデータは、Sierraのセキュリティによってインストールしたアカウント以外で開く事はできません。

 

アプリケーションフォルダに移動したら、Jw(JWW)_CADアプリのアイコンを右クリックし、「開く」を選択します。警告画面で「開く」を選択するとソフトが起動します。

 

Jw(JWW)_CAD MAC版のトラブル解決策

Jw_cad for macの文字化け対処法

Jw_CAD for MacはネイティブのMacアプリはないので、文字化けがおこる事があります。

 

文字化けがおこった場合は以下の手順で、日本語入力をアクティブにすることが可能です。

 

1.Wineskinを起動し、「Set Screen Options」をクリックする

 

2.「Use Mac Driver instead of X11」をチェックし、ウィンドウを閉じる

 

さらに、文字化けを無くすため、Wineskinの起動画面に戻り、「Advanced」とToolsの下にある「Winetricks」をクリックし、ポップアップウィンドウを開きましょう。

 

表示された「fonts」を展開し、「cjkfonts」にチェクを入れ、右下の「Run」ボタンでプログラムを動かします。

 

最後に一番下にある「close」をクリックして、ポップアップウィンドウを閉じて作業は完了です。

 

このようなWinetricksの設定は、Macのバージョンやパソコンスペックに、合わせてカスタマイズする必要があります。うまく起動しない場合は、「Set Screen Options」や「Advanced」などの設定にある、チェックボックスを1ずつチェックし、再起動を繰り返してみましょう。

 

Jw_CAD for Macで文字が読みづらい場合の対策法

前章で紹介した方法で、文字化けが解消されたとしても、フォント自体が見にくい場合もあります。

 

その場合は、以下の手順で解消することが可能です。

 

1.Wineskinの起動画面から「Advanced」、Toolsの下にあるWineToolsグループの「Config Utility」をクリックし、ウィンドウを開く

 

2.表示された「Desktop Integration」タブをクリックし、Appearanceの枠内にある「Item」をプルダウン。「Menu Text」を選択する。

 

3.右側にある「Font」でフォントパネルを開く。Fontを「明朝体」などの日本のフォントに変更し、「Size」も好みの大きさへと変更して作業は完了です。自分好みの見やすい設定になるよう、色々と調整してみましょう。

 

データの保存先を確認する方法

Jw_CAD for Mac でCドライブにデータを保存すると、アプリの内部へデータは保存される事になります。

 

MacOS側から保存したデータを開きたい場合は、「Jw_CAD for Mac」を右クリック。「パッケージの内容を表示」「drive_c」のフォルダがCドライブになります。

 

Jw(JWW)_CADとAutoCADとの違い

ここでは、シェア率の高いAutoCADとJw(JWW)_CADの機能面と価格面について比較してみましょう。

 

AutoCADとの違い1「機能面」

AutoCADと言えば、世界的に普及しているCADとして有名です。AutoCAD LTとJw(JWW)_CADにおける機能面での主な違いは以下です。

 

AutoCADにはさまざまなライセンスが存在しますが、機能面の比較ではAutoCADのライセンスの1つ、「AutoCAD LT」と比較しています。

 

・クロックメニュー

Jw(JWW)_CADには、時計のように配置されたコマンドをマウス操作で選択するクロックメニューがあります。

 

一方、AutoCAD LTにクロックメニューはありませんが、キーボード割付で、コマンドをカスタムする事ができます。

 

・2.5D機能

Jw(JWW)_CADにはアイソメ図を簡単に作成する事ができる2.5D機能があります。二次元で立体を表現できる2.5D機能は、主に建築設計業界で使われています。

 

一方、AutoCAD LTでもアイソメ図を作成する事はできますが、簡単な作図機能としてはありません。

 

・包絡処理

Jw(JWW)_CADでは、選択した範囲の壁・梁・柱などを、自動で包絡処理する機能が実装されています。四角い図形の組み合わせで構成される事の多い建築の図面において、包絡処理機能は重宝されています。

 

対してAutoCAD LTでは、「トリム」「延長」「面取り」といったコマンドを使って作図する事になります。

 

・作図設定

レイヤーグループごとに細かく「縮尺」を設定して作図できるJw(JWW)_CADと比べ、AutoCAD LTでは、原寸で作図した図面がどの用紙に収まるのかという考え方で「尺度」の設定をおこないます。

 

このように、Jw(JWW)_CADAutoCAD LTでは、それぞれ異なった機能を持ち、異なった作図の方法を用いることになります。

 

AutoCADとの違い2「価格」

フリーソフトのJw(JWW)_CADは、無料で手に入れる事ができます。

 

一方、AutoCADは機能によって様々なプランが用意されていますが、どれも高価な価格の設定となっています。

 

AutoCADは最長3年間、ほぼ全ての機能をフリーで利用する事できるアカデミック版や、一般ユーザーが1ヶ月だけフリーで利用できる体験版も提供しています。

 

AutoCADは有償である分、ラーニングやサポートが用意されています。動作保証があるのもAutoCADだけです。

 

その点、無料であるJw(JWW)_CADは動作保証もありませんし、サポートもありません。

 

しかし、Jw(JWW)_CADを提供するWEBサイトの掲示板などで情報交換が活発に行われているため、トラブルを解決しやすいという長所もあります。

 

Jw(JWW)_CADのファイルを他CADで開くための変換方法は?

Jw(JWW)_CADで保存されたファイルの拡張子は、通常「.jww」もしくはDOS版のJw(JWW)_CADのファイル形式である「.jwc」という拡張が付きます。

 

この拡張の付いたファイルを、AutoCADなどの他のCADで開こうとしても、開く事はできません。

 

Jw(JWW)_CADで作成したファイルを他のCADソフトで開く場合は、多くのCADと互換性のあるファイル形式である「dxf」形式への変換が必要になります。

 

 

1.Jw(JWW)_CADで変換するファイルを開き、メニューバーの「ファイル」をクリック。プルダウンしたメニューの中から、「名前を付けて保存」をクリック

2.ファイル選択画面が表示されるので、保存先を指定し、上部にある「新規」をクリック

3.バージョンや保存形式を指定できるウィンドウが表示されるので、「dxf」を選択し、「OK」をクリックするとファイルが作成される

 

以上の方法で作成したdxfファイルであれば、AutoCADをはじめとするほとんどのCADで、Jw(JWW)_CADのファイルを開くことができます。

 

また、AutoCADで作成したファイルをJw(JWW)_CADで開く場合は、AutoCAD側で、jwwで開ける形式で保存しなければ開くことはできません。

 

事前に、AutoCADで作成したデータをdxfファイルに変換し、Jw(JWW)_CADでdxfファイルとして読み込みましょう。

 

Jw(JWW)_CAD上で保存すれば、AutoCADで作成したファイルを読み込んだり、作業したりすることが可能です。

本コラムに掲載の内容は、2019年08月28日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。
cad cad walker