イベントコンパニオンの年齢層はどうなっている?求められるスキルや適性についても解説 | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

イベントコンパニオン2019.08.20

イベントコンパニオンの年齢層はどうなっている?求められるスキルや適性についても解説

素敵なコスチュームを身にまとい、華やかなイメージのイベントコンパニオンですが、イベントコンパニオンとして活躍する女性の年齢層はどうなっているのでしょうか。ここではイベントコンパニオンとして活躍する女性の中心年齢層やイベントコンパニオンに求められるスキル、適正についても詳しくご紹介します。

イベントコンパニオンの年齢層は?

イベントや展示会で活躍するイベントコンパニオン。モデル並みのプロポーションや美しさで、会場に華を添えながらイベントのサポートを行う女性に人気のお仕事です。

 

イベントコンパニオンの仕事内容には、イベント会場や展示会場でクライアント企業の製品のPRや説明、サンプルやカタログの配布、アンケートの実施などがあります。

 

企業の顔となる存在であると同時に、会場を華やかに彩り、来場者の注目を集める必要があるため、プロポーションの良さや美しさが必要とされるお仕事です。そのため、イベントコンパニオンとして活躍している女性の中心年齢層は20代となっています。

 

イベントコンパニオンに求められるスキル

イベントコンパニオンには特別な資格や学歴は必要ないとされていますが、昨今のインバウンドのボリュームを考えれば、外国語のスキルがあると武器になります。

 

特に英語や中国語、韓国語はニーズが高く、これらの外国語を日常会話以上操ることができると語学対応コンパニオンとして重宝され、需要が高まるでしょう。

 

英語であれば、クライアント企業に英語力の目安として提示できるようTOEICTOEFLを受験しておくのも一つの方法かもしれません。また帰国子女であったり、留学経験があったりする場合はそれもアピールポイントとなります。

 

イベントコンパニオンにはこんな人が向いている

イベントコンパニオンはたくさんの人に接する仕事の為、積極性や社交性はとても大切です。マナーをわきまえ、礼儀正しく好感度の高い受け答えをする会話能力も欠かせません。

 

また、来場者の中にはさまざまな方がいます。無理なことを要求したり、些細なことにクレームを入れる方が来場する可能性もあり得ます。そういったシーンでも動じることなく、状況に応じて笑顔で対応する忍耐力や高いコミュニケーション能力も必要とされます。

 

イベントコンパニオンはルックスも重視される職業です。イベントによっては、露出度の高いコスチュームが用意されることもあります。そのため、プロポーションの良さや美しさを持ち合わせていることもイベントコンパニオンに求められる資質といえるでしょう。

 

プロポーションを保ったり、ヘアメイクを研究したりする努力も怠ることはできません。

 

こうした努力を怠ることなく継続でき、笑顔やプロポーションに自信があるとともに人と接することが好きな方、コミュニケーション能力が高い方がイベントコンパニオンには向いているといえるでしょう。

 

イベントコンパニオンは年齢だけではない!トータルバランスが重要

はじめに、イベントコンパニオンの中心年齢層は20代であると述べましたが、20代であることだけがイベントコンパニオンとして活躍できる条件というわけではありません。

 

イベントコンパニオンに求められる美しさやプロポーション維持はもちろんのこと、マナーや会話力なども欠かせない能力です。英語や中国語などの語学のスキルがあれば、さらにレベルの高いイベントコンパニオンとして需要は高まります。

 

若くて美しい、といったイメージが先行しがちなイベントコンパニオンですが、こうした適性やスキルなど、トータルバランスも非常に重要だといえるでしょう。

 

イベントコンパニオンは非常に競争の激しい世界です。人気のイベントなどは競争率も高くレベルの高いコンパニオンが求められがちです。

 

その中で選ばれるイベントコンパニオンになるには年齢にこだわらず、また年齢に甘えることなくスキルを磨き、イベントコンパニオンとしてのトータルバランスを高めていくことが重要になってきます。

 

プロポーションや美しさを維持する努力に加えて語学を習得するなど、イベントコンパニオンとして重宝される存在となれば、年齢に左右されることなく長くイベントコンパニオンとして活躍できるかもしれません。

 

もちろん語学の習得などはかなりの努力が必要となります。しかしその努力の分、得られるものも大きくなるといっても過言ではないでしょう。

本コラムに掲載の内容は、2019年08月20日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

関連記事

event_companion event_companion line