英語力はイベントコンパニオンに必要?イベントコンパニオンに求められる語学レベルとは | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

イベントコンパニオン2019.09.19

英語力はイベントコンパニオンに必要?イベントコンパニオンに求められる語学レベルとは

イベントコンパニオンは、たくさんのお客様と接するお仕事ですが、イベントコンパニオンには英語や中国語などの語学はどの程度必要なのでしょうか。ここでは、イベントコンパニオンに求められる語学力について徹底解説します。

英語や中国語ができるイベントコンパニオンは需要が高い

近年はニュースなどにおいても、インバウンドに関する話題が登場することは多く、日本にもグローバリゼーションの波が押し寄せています。

 

今後、日本においてはビジネスをはじめとするあらゆる場面で、これまで以上に英語や中国語をはじめとする語学力が求められる時代になってくることは明らかでしょう。

 

さまざまなイベント会場や展示会場などで、クライアント企業の顔としてお客様と接するイベントコンパニオンは、整った容姿や高いコミュニケーション能力などが求められるお仕事です。

 

これからはそういった資質に加えて、英語や中国語などの語学に堪能なイベントコンパニオンや日本語の応力の高い外国籍のイベントコンパニオンの需要が高くなることは間違いないと思われます。

 

外国語対応のコンパニオンの仕事内容は?

イベントコンパニオンは、イベント会場や展示会場で、クライアント企業のブースでの製品のPR、アンケート業務、カタログおよび試供品のサンプリング、受付を行うことが主な仕事です。

 

外国語対応コンパニオンは受付業務を中心にそういったイベントコンパニオンの一連の業務を英語や中国語、韓国語で行い、海外のお客様の対応を担当します。

 

イベントコンパニオンに求められる英語などの語学のレベルとは

外国語に対応するイベントコンパニオンには一定の語学レベルが必要です。お客様と自然に受け答えでき、クライアント企業や製品についての質問にも問題なく対応できなければなりません。

 

そのため、通訳ほどの語学力とまではいかなくても、日常会話以上のレベルが求められると考えるといいでしょう。

 

TOEICスコアなどはオーディションの際などアピール要素になるかもしれませんが、あくまでも目安にすぎず、実際に問題なく会話ができるがどうかが重要です。

 

海外で暮らしたことのある帰国子女や、留学経験がある方は、選考で有利になる傾向があります。

 

服装は?

イベントコンパニオンの第一印象は、クライアント企業の第一印象にもつながるので、語学だけではなく、身だしなみ、立ち居振る舞い、服装にも気を配らなくてはなりません。

 

仕事によっては衣装が用意されることもありますが、多くの場合、ワンピースやスーツなどに、自前のパンプスとナチュラルストッキングを着用といった形式が多いです。

 

特に衣装が用意されない場合は、シンプルな黒スーツに白シャツ、黒パンプスといったスタイルでの対応となることが多いでしょう。

 

さまざまなお客様と接するため、服装はもちろん、メイクやヘアスタイルも清潔感を保ち、幅広い層に好感を与えるように心掛けてください。

 

英語・中国語・韓国語などの対応が可能なイベントコンパニオンの給与相場とは

英語、中国語、韓国語に対応可能な語学力のあるイベントコンパニオンは、一般的なイベントコンパニオンよりも給料が高くなる傾向があります。

 

語学力や経験、仕事内容によって差はありますが、一般的な相場は以下の通りです。

 

・1言語対応(日英、日中のみ)のバイリンガルは約15,000円~

・トリリンガルなどは20,000円~25,000円程度

 

語学対応のイベントコンパニオンは一般的なイベントコンパニオンよりも数が少なく、先にも述べたように需要が高いことから、給料も高くなっています。

 

採用までの流れ

外国語対応可能なイベントコンパニオンも、一般的なイベントコンパニオンと同様に、まずは事務所に登録する必要があります。事務所登録後、書類選考を経て、お仕事開始です。

 

未経験の場合は、イベントコンパニオンとしての知識を得るために、コンパニオンレッスンを受けてからお仕事が開始となります。

 

なお、外国語対応のコンパニオンの場合は語学力が重視されますが、実際の会話能力は書面だけでは把握できません。そのため、オーディションが開催される場合もあります。

 

ご紹介してきた通り、外国語対応のコンパニオンは需要が高く、これからの活躍の場はさらに広がっていくことでしょう。

 

語学力に自信があり、コンパニオンのお仕事にも興味がある方は、英語や中国語などの外国語対応イベントコンパニオンとして、新しいチャレンジをはじめてみてはいかがでしょうか。

本コラムに掲載の内容は、2019年09月19日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

関連記事

event_companion event_companion line