レースクイーンとして活躍する女性の年齢層とは?将来性などを交えて紹介 | CAD派遣・イベントコンパニオン・建築業界の求人ならアクト・テクニカルサポート            
KAJIMA GROUP
KAJIMA GROUP

イベントコンパニオン2019.11.28

レースクイーンとして活躍する女性の年齢層とは?将来性などを交えて紹介

レースクイーンは、華やかな職業としてひときわ目立つ存在です。たくさんの人の注目を浴びて活躍する姿に憧れる方も多いことでしょう。

 

ここではレースクイーンとして活躍する女性の年齢層について、レースクイーンの将来性なども交えて紹介します。

レースクイーンは華やかさが求められる仕事

サーキットで会場に華を添える女性たちを見たことがある方も多くいるでしょう。レース会場でレースチームや企業のロゴなどがデザインされたコスチュームを身にまとい、チームやレースのコンパニオン役として活躍する女性、それがレースクイーンです。

 

レースクイーンは、チームやスポンサー企業の広告塔として活躍する存在です。そのためかなりのレベルの美貌やプロポーションが求められます。

 

レースクイーンのように若い女性に人気で多くの人の注目を集める仕事といえば、イベントコンパニオンが思い浮かべる人もいますが、レースクイーンはイベントコンパニオンよりも高いレベルの美しさ、華やかさが求められ、非常に競争率の高い仕事なのです。

 

モデルを目指す女性がレースクイーンとして活躍していることも少なくありません。

 

レースクイーンは選手がコースインするときのお見送り、表彰式でのお手伝いなどのレーシングチームのアシスタント、選手がファンサービスをおこなう際のサポート、ファンの方との写真撮影やフライヤーの配布などをおこなうなど、たくさんの仕事があります。

 

多くの人の注目を浴び、たくさんの方と接する仕事なのでどんな状況であっても笑顔を絶やさずに対応できる能力が必要です。また笑顔だけでなく美しい立ち居振る舞いも求められます。

 

仲間のレースクイーンやチーム、スポンサー企業と協力して仕事をおこなうのでコミュニケーション能力や社会人としてのマナーももちろん必要です。

 

レースクイーンは高いレベルの容姿が求められる華やかな仕事ですが、それだけではなく仕事をきちんとおこなう責任感やコミュニケーション能力、社会人としての常識も大切な仕事であるといえるでしょう。

 

レースクイーンとして活躍する女性の年齢層

では、レースクイーンとして活躍できる年齢層はどのくらいなのでしょうか。

 

レースクイーンとして働いている女性の中心年齢層は18歳~20代後半といったところでしょう。レースクイーンとして働くのに明確な年齢制限があるわけではありませんが、この年齢層の女性がレースクイーンのほとんどを占めているのが実情です。

 

事務所やスポンサー企業によっては、レースクイーンに年齢制限を設けている場合もあります。

 

先にも少し述べましたが、レースクイーンには非常にレベルの高い容姿が求められます。たくさんの人の注目を集める仕事でもあり、若い女性に高い人気を誇る職業だといえるでしょう。

 

レースクイーン希望者は非常に多く、応募者はかなりの数に上ります。そのため一定の年齢基準を設けて、ある程度は自動的に選別されるようにしています。

 

もちろん、レースクイーンの中心年齢層から離れていたら絶対にレースクイーンの仕事ができない、というわけではありません。

 

しかし、整った容姿が必要なイベントコンパニオンよりもレースクイーンはさらに選考基準が厳しく、若さや美しさが問われるため実質的に選ばれるのは18歳~20代後半、といった年齢層になるようです。

 

30代ではかなりの経験を積んでスキルを身につけ、若々しく美しい外見を保っていればレースクイーンを続けられる可能性もありますが、実際にはかなり厳しく、活躍できたとしてもほんの一部のベテランレースクイーンに限られるでしょう。

 

レースクイーンの年齢における注意点

レースクイーンとして活躍できる中心年齢層がわかりました。レースクイーンに求められる若々しさや美しさ、プロポーションの良さを持つ20歳後半までの若い女性がレースクイーンとして活躍しているようですが、現在は30歳を過ぎても20代と見間違うような若さと美しさを保っている方も多くいます。 

 

普段から生活習慣に気を配り、ヘルシーな食事を心がけ、運動をして体型維持をするとともに化粧品やエステなどの力を借りて美容にも力を入れていると、30代になっても驚くほどの若々しさを保つこともそれほど難しくはない時代になっています。

 

しかし、レースクイーンに応募するにあたって年齢を偽るのは絶対にNGです。見た目がどれほど若かったとしても、年齢は正直に実年齢を申告してください。

 

虚偽のプロフィールを申請して合格しても、年齢の詐称が発覚すれば合格は取り消されることもあります。それだけではなく、自分がその事務所との契約破棄になる可能性があるのはもちろん、場合によっては事務所全体にも迷惑がかかることも考えられます。

 

レースクイーンは見た目が重要ではありますが、同じくらいイメージも大切にしなければならない職業です。年齢を偽っていた、となるとそのレースクイーンのイメージは地に落ちることになるでしょう。

 

また、レースクイーンでなくとも、働いていく上で経歴や身分の詐称は許されないことです。

 

レースクイーンでは年齢が一定の選別要件になることは確かですが、合格したいあまり実年齢を偽る、ということはしないようにしましょう。

 

年齢だけではない!レースクイーンとして活躍するための適正とは

レースクイーンは、18歳~20代後半の若い女性であれば誰もがなれる職業というわけではありません。

 

ここではレースクイーンとして活躍するために必要な適正について紹介します。

 

・美しさ、整ったプロポーションを持っていること

 

レースクイーンには非常にレベルの高い容姿が求められます。イベントコンパニオンも優れた容姿が求められる仕事ですが、レースクイーンに求められる容姿のレベルはイベントコンパニオンよりも高くなります。

 

そのため、ルックスの良さはレースクイーンとして活躍するための必須事項だといえるでしょう。

 

・美しさを保つための努力ができること

 

容姿が端麗であることはレースクイーンに欠かせませんが、日頃からその美しさを保つ努力ができる方でないとレースクイーンは務まりません。

 

プロポーションの維持は特に重要です。日常生活においても食事内容に気を配り、運動することを心掛けるなど、プロフィールやオーディション時と変わらないプロポーションを維持する努力を続けなければなりません。

 

スキンケアやヘアケア、ネイルケアなども欠かすことはできないでしょう。またコスチュームの雰囲気に合わせたヘアメイクなどの研究も怠ることはできません。

 

自分に厳しく、普段からプロポーションの維持など美しさを維持することも仕事の一環だと考えて努力を続けられる人でなければ難しいでしょう。

 

・常に笑顔を絶やさないこと

 

レースクイーンはチームやスポンサー企業の代表ともいえる存在です。多くの人の注目を集め、たくさんの人と接することになります。どのような状況下においても常に笑顔でいることは非常に大切です。

 

実際の仕事の現場ではさまざまなトラブルが発生したり、困難な状況に陥ったりすることもあります。そうした場合でも感情的になることなく笑顔を絶やさず、愛想よくふるまえることもレースクイーンには欠かせない資質です。

 

・体力や根性があり、体調管理ができること

 

レースクイーンはヒールの高い靴を履いて立ちっぱなしでいることがほとんどです。暑さや寒さに関わらず外で仕事することが多く、体力や根性がいる仕事でもあります。

 

またレースクイーンはオーディションを受けて選ばれているので、基本的に当日の人員の変更はできません。体調不良での当日の欠勤は基本的にできないと考え、当日になって体調を崩すことのないようにしっかりと体調を整えておく必要があります。

 

そのためレースクイーンには一定の体力・根性があることや、仕事に向けて普段からしっかりと体調管理ができることが求められるのです。

 

・コミュニケーション能力、社会人としてのマナーや常識を持っていること

 

仕事は一人でするわけではありません。仲間のレースクイーンやスポンサー企業の担当者、会場スタッフや選手など、いろいろな人とコミュニケーションをとって円滑に仕事を進める必要があります。

 

そのためレースクイーンの仕事にもコミュニケーション能力は必要です。また来場者はもちろん、関係者でもさまざまな立場の方と接することになるので社会人としての常識やマナーをわきまえていることは大前提です。

 

これらの資質を持っている方はレースクイーンとして活躍できる適性がある、といえるでしょう。

 

レースクイーンの年齢層からみえる将来の見据え方

かつてのバブルの時代はレースクイーンが注目され、芸能界で活躍する方もいたようですが今ではそういったことはほとんどなく、レースクイーンの仕事のみで生計を立てることは難しくなっています。

 

販売や事務などの20代女性が多く活躍している仕事と比べるとレースクイーンは活躍できる期間も18歳~20代後半までと短い上、オーディションを受けて仕事を勝ち取らなければならず仕事量が安定しません。

 

そのため、結婚や出産などのライフステージの変化を機にレースクイーンから引退する、という場合が多いようです。

 

しかし、レースクイーンの仕事で培ったスキルがほかの仕事に活かせることもあります。一例をあげると、一日中美しい姿勢をキープしながら立ち続けて仕事ができることや常に笑顔で働けることなどは接客業などのほかの仕事にも役立つことでしょう。

 

レースクイーンはあらかじめ活躍できる期間がわかっています。レースクイーンとして活躍しながら、引退後のことを考慮に入れてレースクイーンでの経験を活かしてどういう道に進むのか、それをしっかりと考えておくことでレースクイーンとしての仕事の充実度も変わってくるのではないでしょうか。

本コラムに掲載の内容は、2019年11月28日時点に確認した内容に基づいたもので、実際の内容と異なる場合がございます。予めご了承ください。
また、当記事は株式会社ワザモノによって制作しております。掲載内容に不備がありましたら、こちらまでお問い合わせください。

関連記事

event_companion event_companion line